母の思い出②

元々文章を書くのが苦手なので
ちゃんとしたことを書こうとすると
適切な言葉や表現が出てきませんが

今、親になり祖母になり初めて母のことを理解できることもあります。
今病院できざみ食しか食べることができなくなり
昔の凛とした面影もなくなった母の
若かった頃の思い出を記録しておきたいと
最近特に思うようになってきました。




母は文学少女だった。
いつも夢見る少女
歳をとってからもそうだったように思います。
お見合い結婚が普通の昔では
あまりなかった恋愛結婚で
父親に愛されて望まれて結婚した。
そしてそれは父親が死ぬ直前まで続いた。
父は母が大好きで
母親さえ傍に居てくれたらいいという人だった。

父が若くして亡くなった時
母はまだ52歳だった。
人相が変わるほど目を腫らし
棺桶にすがって
「私も連れて行って」
と泣き叫んでいた母を見て
その場にいた人から
まるで【ロミオとジュリエット】を見ているようだった。
と言われた。

その後の母の人生は
いつも父親の写真と一緒だった。
父が居なくなってから
もう30年以上になる

いつか母が旅立つとき
方向音痴の母が間違わないように
父が迎えに来るだろう。


一度の人生でそういう人に巡り合えた母は
幸せだったと思う。





さて、先日オークションでゲットした
あのドレスが我が家に来ました。
娘に作ったネックレスを着けて写真を撮りました。
3456789.png




ある意味私も
いつまで経っても夢見る少女です(*゚▽゚*)

スポンサーサイト

Comment

どうしてどうして

心に染み渡るような文章です。
大切に心の引き出しにしまわれていた、
大好きなお母様の思い出を書かれる。
それは、へんな技巧なんか必要ないのですね。

心に向き合い、湧き出てくる想いをそのまま、
言葉にされた、素晴らしい記事でした。

ありがとうございます。
オークションで落札されたドレス!
まるで、まるで、木の妖精が着るように私には見えます。
素敵すぎ。

窓さん、コメントありがとうございます🍀

頭のなかに残っている母の思い出を
こうして文字にすることは
少し恥ずかしい気もしますが
いつか娘がこのブログを目にする事があったとき、
おばあちゃんの若かかりし時の事を
知ることも出来るかな?って
思います。

でも、文章作りって難しい
私はビーズで夢を作るタイプと
改めて実感中です🎵

言われて気がつきました。
ことドレスに目が釘付けになった理由は
おとぎ話やギリシャ神話に出てきそうな
妖精のイメージだったからなんですね。

益々、制作意欲が沸いてきましたー❤
Secre

くろねこ時計

プロフィール

cornusflorida❀花瑞樹。

Author:cornusflorida❀花瑞樹。
最新の出店

☆2017年11月30日~12月3日
赤れんが倉庫


ネット販売中
❀minne(http://minne/@corusflorid)
❀creema(http://www.creema.jp/c/hanamizuki)



【注意事項】このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じさせていただきます。

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

月別アーカイブ